組合員企業は、協同して社会貢献(CSR)を目指します。

メインイメージ

協同組合シーエスアールの取り組み

外国人技能実習生の受け入れ事業

画像
外国人技能実習制度とは、技能実習生が日本の高度な技術を実作業を通して学び、実習期間終了後に帰国して、母国の技術及び経済の発展に寄与することを目的とした制度です。最長3年間の技能実習を終え、日本の進んだ技術を修得したことにより、帰国後の待遇が大きく変わってきます。そのため技能実習生は、懸命に仕事と日本語の習得に励みますので、受入れた企業から、高く評価されています。

外国人技能実習制度

概要

画像

平成21年7月15日の制度改正(平成22年7月1日施行)に伴い、入国後初年度から日本の労働関係法令を適用し、実習実施機関(受入企業)と雇用契約を結び、技能等の修得をすることができるようになりました。


目的

画像
外国人実習生受入制度は、開発途上国等の青壮年を日本の産業界に技能実習生として受入れ、一定の在留期間の間に実習実施機関において技術・技能・知識を習得させます。 本制度は、これら諸国の人材育成を通じて国際貢献の一助となることを目的にしています。

お知らせ