外国人技能実習生監理団体

Start content

協同組合シーエスアール

技能実習制度

 外国人技能実習生受入れ事業は、発展途上国の若い人材 を日本企業に招聘し、技能と知識を習得させ、途上国の産業発展に寄与し、相互の理解を促進することが目的です。
これにより、組合員の国際意識を高め、国際化に向けた経験を醸成することにもつながります。

特定技能

 中小・小規模事業者をはじめとした人手不足は深刻化しており,我が国の経済・社会基 盤の持続可能性を阻害する可能性が出てきているため,一 定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていく仕組みを構築するために特 定技能制度が創設されました。

WEBサイト開設

企業やお店のホームページを制作開設します。

ネットショップ開設

 注文受付に特化したフォームをホームページに追加するだけで、簡単に商品の販売を開始できます。

ネット販売が拡大する今、新たな販路開拓・売上アップに貢献いたします。

外国人との共生社会を実現

来日した技能実習生たちが、安心して充実した生活を送れるように、支援しています。

外国人技能実習制度

技能実習制度の内容は、外国人の技能実習生が、日本において企業や個人事業主等の実習実施者と雇用関係を結び、出身国において修得が困難な技能等の修得・習熟・熟達を図るものです。期間は最長5年とされ、技能等の修得は、技能実習計画に基づいて行われます。

技能実習制度の区分は、企業単独型と団体監理型の受入れ方式ごとに、入国後1年目の技能等を修得する活動(第1号技能実習)、2・3年目の技能等に習熟するための活動(第2号技能実習)、4年目・5年目の技能等に熟達する活動(第3号技能実習)の3つに分けられます。

技能実習を行わせようとする者(実習実施者)は、技能実習計画を作成し、その技能実習計画が適当である旨の認定を受ける必要があります。技能実習計画の認定は、外国人技能実習機構が行います。
技能実習計画に記載しなければならない事項や申請の際の添付書類は、技能実習法及びその関係法令で規定されています。
技能実習計画は、技能実習生ごとに、第1号、第2号、第3号のそれぞれの区分に応じて、認定を受けなければなりません。特に第3号技能実習計画については、実習実施者が、「技能等の修得等をさせる能力につき高い水準を満たすものとして主務省令で定める基準に適合していること」が必要です。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

特定技能外国人

中小・小規模事業者をはじめとした人手不足は深刻化しており,我が国の経済・社会基
盤の持続可能性を阻害する可能性が出てきているため,生産性向上や国内人材確保のため
の取組を行ってもなお人材を確保することが困難な状況にある産業上の分野において,一
定の専門性・技能を有し即戦力となる外国人を受け入れていく仕組みを構築するために特
定技能制度が創設されました。

✓各試験の合格前に内定を出すことは禁止されていません。
✓特定技能外国人の技能試験及び日本語試験の合格と,受入れ機関
との特定技能雇用契約締結の先後関係については,基本的には,
特定技能外国人が各試験に合格した後,受入れ機関との特定技能
雇用契約を締結することが想定されます。
✓特定技能雇用契約を締結した上で,受験することもできますが,
各試験に合格しなければ,受入れが認められないことに留意して
ください。

受入れ機関は,特定技能外国人への支援を実施しなければなりませんが,当該支援業務
については,登録支援機関に支援計画の全部又は一部を委託することもできます。
登録支援機関に支援計画の全部の実施を委託した場合は,受入れ機関が満たすべき支援
体制を満たしたものとみなされます。
登録支援機関は,委託を受けた支援業務の実施を更に委託することはできません。
登録支援機関になるためには,受入れ機関と業務委託のための契約を結び,出入国在留
管理庁長官の登録を受ける必要があります。その他受入れ機関と同様に,登録を受けるた
めの基準と義務があります。

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Themes
Supporters
Projects
Customers

What Clients Say

 数年前からミャンマー技能実習生を受け入れ、実習作業を実施しています。作業への学習姿勢、生活態度がまじめで感心しています。今後も積極的に受け入れしていきたいと考えています。

建設会社
建設機械施工

 高品質で安全なおいしい食品の製造を実習しています。中国人とベトナム人技能実習生は、手先が器用なので生産性が高く、製造ラインが効率よく稼働しています。

食品会社
惣菜製造業

インドネシアの技能実習生が、塗装作業で実習しています。言葉や習慣など違いを乗り越え、元気に毎日実習を続けています。
将来母国で同種の仕事に就きたいと言っています。

自動車部品製造関連会社
塗装業
PAGE TOP